乾燥肌に効くスキンケア|オイルパックも同時に行おう

顔を洗う手順

固形石鹸

朝起きた時や就寝前には洗顔をして肌の健康状態を綺麗に保ちます。洗顔の際は多くの人が自分にあった洗顔料を使用しているはずですが、最近ではチューブに入った洗顔料を使う人が多くなっています。朝の忙しい時でも簡単に使えますが、しっかり泡立てずに使用してしまうことがほとんどで、効果的な洗顔ができていない可能性があります。対して洗顔石鹸はほとんどの商品が固形なので、自然とネットを使いながら泡立てて使用しているものです。洗顔石鹸で顔を洗うとき、正しい方法で洗顔を行うとパックなどを使わなくても毛穴の黒ずみが落ちる上に肌も明るくなります。
最初に、洗顔しやすいように髪を上げておきましょう。これは重要なことで髪を下ろしたまま洗顔すると泡が額やこめかみに行き渡らず、きちんと汚れが落ちません。また、髪と泡が絡まってちゃんと洗い流せない場合もあり、ニキビができる原因になります。そのため洗顔時はヘアバンドやヘアゴムを使って邪魔にならないように髪をまとめましょう。そしてなるべくぬるま湯で顔と泡立てネットを湿らせておきます。洗顔石鹸は手よりもネットを使った方がよりきめ細かい泡を作ることができるのです。この時、泡が溶けないようにお湯の量を調整しておくようにしましょう。洗顔石鹸を調度よい量に泡立てたら、おでこと鼻の上にのせて円を描くように優しく指を動かしていきます。特に鼻は角栓が気になるので強く擦ってしまいますが、洗顔石鹸を使えば軽い力で汚れが落ちるので心配はいりません。頬や目、口周りは乾燥しやすい部位なので泡をのせるだけでも十分です。