乾燥肌に効くスキンケア|オイルパックも同時に行おう

症状に合わせた化粧水

女性

ニキビは肌トラブルの中で悩みを抱えている人が一番多い問題です。ニキビは思春期頃から出始めますが、適切なケアを行えば改善する場合がほとんどです。しかし、ニキビが出来ると肌にニキビ跡が残る可能性があります。ニキビ跡は洗顔しても改善されるものではなく、肌を再生させる力を高めなければいけません。そのため、ニキビ跡を治すときに闇雲に市販のスキンケア用品を使うのは効率的ではありません。ニキビ跡のタイプを知って、それにあったスキンケア用品を選ぶようにしましょう。
ニキビ跡の1つに赤みが残るタイプがありますが、このタイプは炎症がまだ収まっていない状態なのでなるべく早く抑えることが改善のカギです。ビタミン誘導体が配合されている化粧水を使うのがオーソドックスな方法で、ビタミンを効率的に肌に浸透させる力で炎症を抑えてくれます。赤みが残るタイプのニキビ跡はまだ軽いものなので、十分に保湿を行えばすぐに改善されるでしょう。また、シミや色素沈着が残るニキビ跡に有効な化粧水は、メラニンの発生を抑える成分が配合されている美白効果のある商品です。薬局に売っている商品よりもネットで販売されている少し高額な化粧水を購入するとよいでしょう。値段が高い分、通常の市販品よりもニキビ跡を消す効果は絶大です。そして最後に肌がクレーターのようになるニキビ跡がありますが、基本的には改善は難しいものです。しかし、肌を回復させる成分を含んだ化粧水で地道にケアをしていけば目立たなくしたり、でこぼこを少し和らげることはできます。いずれにしても効果が現れるまでは継続して使い続けていきましょう。