乾燥肌に効くスキンケア|オイルパックも同時に行おう

乾燥に負けない肌

顔の手入れ

乾燥肌の原因は、主に外的要因と内的要因に分けられます。外的要因は、紫外線のダメージや空気の乾燥などです。肌が健康な状態を保つことができる最適な湿度は65パーセントです。しかし、冬場など乾燥しやすい時期の湿度はおよそ50パーセント未満にまで下がります。そのような環境に長い間いると、肌の表面化から水分が蒸発していき結果的に乾燥肌になります。また、紫外線によるダメージでも肌の角質層が傷つけられ、保湿成分であるコラーゲンがなくなって肌が乾燥します。そして内的要因は乱れた生活習慣と加齢による代謝の低下です。飲酒や喫煙の習慣があったり、睡眠不足が続いたりするとビタミンが破壊されて肌の健康状態が悪くなります。そのため、早寝早起きを心がけてなるべく喫煙や飲酒は控えましょう。そして加齢による乾燥肌はターンオーバのサイクルが乱れてバリア機能が低下することで起こります。そのため、肌を守るためには毎日のスキンケアが欠かせません。肌のスキンケアをする時には正しい方法がありますが、多くの人は手順を勘違いして覚えています。より保湿効果を上げるためにはクレンジングから化粧水や美容液、乳液を使うタイミングについて改めて確認しましょう。スキンケアと平行してオイルパックやコットンパックをするとさらに保湿効果が高まります。使用するオイルは専用の商品でも良いのですが、節約しながらパックしたい場合は自宅にあるオリーブオイルを使ってみましょう。また、コットンパックの時は湯船に浸かるタイミングで行なうと、肌の奥まで美容成分が行き渡ります。

症状に合わせた化粧水

女性

ニキビが出来るとその場所にニキビ跡が残る場合があります。炎症をしている赤みタイプや色素沈着タイプ、肌にでこぼこが残るタイプなどがあるので症状にあった適切な化粧水を選ぶようにしましょう。

More Detail

肌を綺麗に見せるメイク

女の人

歳を重ねると自然にシミが現れます。一度できたシミは簡単には消せないのでメイクでシミ隠しをする必要があります。肌に優しい化粧下地を使って素肌を保護し、ファンデーションとコンシーラを塗ると美しい肌が再現できます。

More Detail

顔を洗う手順

固形石鹸

洗顔石鹸を使って顔を洗うときは、正しい手順で行なうとパックを使わなくても角栓や皮脂汚れが落ちます。また、泡立てるときは専用のネットをぬるま湯で湿らせるようにしましょう。

More Detail